鈴まろ日記

日々感じたことなどを綴るブログです

たられば

 私が小学生の頃の話ですが、祖父は時期になると猟犬を連れて鴨狩りに出掛けていました。また違う日には、鯉釣りの仕掛けを作り、釣りに出掛けていました。そして釣ってきた鯉をさばいて鯉こくを作る祖父をじっと見ていた記憶があります。とても活動的だった祖父は、バイクに乗っていたのですが、妻が不自由になった時に車が必要だと突然思い立ち、60才過ぎてから免許を取りに行きました。半年以上かかったと思いますが、無事に免許を取得していました。今思い出してもパワーが凄かった祖父だったと思います。 祖母はその正反対で、家にこもりきりのインドア派でした。出掛けない理由が「ご近所さんとの付き合いが嫌だった」そうです。必ずうわさ話になり、誰かの悪口を言うのも嫌だったのだそうです。今も昔も何だか変わりません。

 祖母は、内向的でしたので、あーでもないこーでもない、ああすればよかった、こうしたらよかったといつもたらればを言っていました。出掛けないで一日中家にいてテレビを観ているだけですから、祖母は何の進展も失敗もないわけです。今思えば、想像することが唯一の楽しみだったのかもしれません。 すると決まって祖父が言います「たらればばかり言ってないでやってみればいいんだよ。やらないなら言うな!」とピシャリ。

おばあちゃん、かわいそうと思いつつ、私もこれには同意見でした。

 あの時、ああしていたら上手くいってたかなぁとか、、、中学の時、自分の好きな人に「〇〇さんに付き合って欲しいって言われてるんだけど、どうしたらいい?」と聞かれ「付き合ってみたらいいんじゃない?」なんて言っちゃって、自分が好きと言えなくて後悔したなぁ。両想いだったんじゃないか!?と後で思いました。

 いくら考えても結局、何もしなかったら何も起こらないのです。くよくよしているんだったら行動あるのみ。でも怖いですよね。やっぱり。

 そう思った時に、祖父の「やらないなら言うな!」という言葉を思い出します。出来ないなら言わない。やらないなら口に出さない。たらればは言わない事にしています。失敗したら「もう、済んだ事」だと割り切ります。失敗が続いて辛い時もありますが、あとで振り返ると、やってみて良かったなと思います。あの時やっておけば良かったと思うより、やってみたけどダメだったという方が、自分が成長出来ている気がするし、自分のやった事を人のせいにしないで、受け止められている気がします。色々な意味で毎日が、修行みたい。無理はしないけれど、悔いのないように生きていたいなぁ。

f:id:suzumaro:20181203162316j:plain