鈴まろ日記

日々感じたことなどを綴るブログです

風邪のウイルスがついて来ました(たぶん)

私は、花粉症がひどくなりそうな時は、いつも病院で薬を処方してもらっています。

 金曜日の夜から何となく鼻をかむ回数が増えてきたので、ひどくなると思い、土曜日の朝いちばんで病院に行きました。 いつもは広い待合室に、3人くらいしかいないのですが、今日は、ほとんどの席が埋まっていて、私は18番目。

 いつもは、すぐ診察してもらえるのになぁと思いつつ、念には念を入れて、人が比較的いないところで、待つことにしました。 今日は嫌な予感がしました。ひどく咳をしている方のマスクをしていない率の高い事!おじさんはマスクがお嫌いなのかしら。

 マスクが嫌なら、咳の仕方に気を遣って欲しいものです。「そりゃあ、飛び散るよ」と思うくらいの勢い。 それから、前の席にいた女の子が、私の方を振り返って、にこにことしてくれるので返していたら、そのあと、子供らしからぬ程の、ものすごい咳をしていました。

 私は、今日風邪が移るかも、、、と直感したのです。 診察は無事に終り、念の為、風邪薬も処方してもらい、帰宅。 しばらくして予想通り、悪寒が走りました。まぁ、おじさんの菌より、女の子の菌で風邪引いたなら、仕方がないなと思うことにしました。

 今回は、連休中ずっと38度、なかなか下がりませんでした。私は、ほとんど病気にかからないので、本当に珍しかったです。

 仕事をしていると、なかなか休めないし、病院に行く時間も取れなくて、市販の風邪薬で治すと思いますが、1週間ほどしても変わらなかったら、病院に行った方がすぐに治ると思います。 市販の薬は、総合的で強めですが、病院の薬はピンポイントで自分に合った処方ですし、効き目が早いと思います。

 コマー シャルで「絶対休めない人に」とか「責任世代の人に」とか、昔だったら「24時間働けますか」とか、恐ろしい。胸がギューッとなりませんか?働かせすぎなのにまだやらせるの?みたいな。コマー シャルの最後に「きちんと休みましょう、権利ですよ」くらいは付け足しておいて欲しいです。何だか世の中が、コワイです。

 私の勤めていた会社は、有給を取得すると、ボーナスの査定に響いていました。腰痛で配達の出来ない人に「気合で治せ!」と怒鳴っていました。 勤務中に、事故に遭っても「労災は使わないように」と言われたり、あれ?、もしかして私は、ブラックなところにいたのかしら、麻痺してわからなくなっていました。

みんな昔の話なので、今の世の中ですし、少しはマシになっていると思いたいです。

 

これは最近購入した物で、お気に入りフード付きマフラーです。モコモコ感がたまりません。部屋の中でずっと使ってます。

f:id:suzumaro:20190115102308j:plain「ねこぶちさん フード」で検索すると、ご覧になれます