鈴まろ日記

日々感じたことなどを綴るブログです

紅茶と生成り色の麻のスーツの店員さん

一番最初に飲んだ紅茶を覚えていますか

 私が初めて紅茶を飲んだのは、小学校5年生で、お誕生会に呼ばれた時だったと思います。どんなプレゼントを持って行ったのか、いっしょに行った友達の名前さえも、今では全く覚えていないのですが、紅茶のことだけは、強烈に覚えています。

 お金持ちだった〇〇くんのお宅は、お手伝いさんもいました。 お手伝いさんが、紅茶を運んで来た時、きれいな柄のティーカップ&ソーサー、スプーンの上には、レモンのスライスが乗せてあって、ソーサーの横には、綺麗な紙に包まれた角砂糖が付いていました。 心の中でドキドキして、これから始まる何かにワクワクしました。

そして、失敗しないよう、周りを見ながら、レモンティーを作りました。

(それだけですが、子供心をくすぐったのです)

 あの時の味は、今も忘れられません。 紅茶に凝るようになった時、あの味を探そうと思い、色々試しました。 絶対良い茶葉に違いないと思い込み、ずっと探していましたが、ある日、普通の紅茶を飲んでみたのです。

「なぁーんだ」砂糖を入れたら、あの懐かしい味になりました。

日東紅茶だったのです!! 田舎には、紅茶は日東かリプトン、トワイニングしかなかったし、当時、子供に出すものに、高級茶葉は使わないだろうと思いました。

今でも懐かしさを思い出すために、時々飲んでいます。

 

キーマンを飲んで「烏龍茶だ!」と思いました

 紅茶の参考書を見ながら、出来るだけ飲みました。 東京・有楽町にある「ブルックボンドティーハウス紅茶教室」にも少し通っていました。

 定番のダージリン、アッサム、セイロンなど、それから、あまり気にしなければ見かけない、ウバ、ルフナ、ディンプラなど。 キーマンを飲んだ時は「紅茶じゃないし。烏龍茶の味がする、結局やっぱりお茶はみんな カメリアシネンシス*1 だ!」と思いました。

初めて訪れた紅茶屋さんは、マリアージュフレールでした

 まだ、東京・有楽町に「プランタン銀座」があった頃、地下の食料品売り場に、『フランス紅茶専門店 マリアージュフレール』がありました。

 当時の店員さんには、本当にお世話になり、月に一度伺うだけだったのに、顔を覚えていて下さっていたことは、田舎からやって来る者としては、本当に嬉しかったものです。 紅茶を好きになって、初めて店舗で買うことを覚えた場所でした。 店員さんは、生成り色の麻のスーツを着てらして、貿易商さんのようで、異国な雰囲気がとっても良かったです。

 沢山の種類の紅茶の中から、いくつか選んで下さり、香りも嗅いで決めたりします。あのやりとりは楽しかったです。 今でも、当時、教わった事を思い出し、参考にしています。

私のマリアージュフレールでのおすすめ茶葉

ダージリン マーガレッツホープ

『アッサム メレン』

『スュルターヌ』

アールグレイフレンチブルー』

マリアージュフレールといえば『マルコポーロ』ですが、フレーバーティーに馴染みのない方は、苦手かもしれません。

 

でも、お手軽に飲めて美味しいのは「リプトン イエローラベル」だと思います。

最初は、面倒かもしれませんが、パッケージの入れ方を参考に作ると美味しく出来上がります。 ティーバッグの持つところに金具が付いていないので、電子レンジに入れても大丈夫です。 レンジで、ホットミルクティーを作る時には、便利だと思います。

 

 

あと、コーヒーチェーン店で飲む、紅茶で好きなのは、タリーズです。

ロイヤルミルクティーを通常牛乳のところ、豆乳に換えると大豆の甘みも加わり美味しいです。

缶は、豆乳入りではないので、是非お店で、豆乳入りを頼んでみて下さい!!

 

 

チャイが好きなので、スパイスの分量を変えながら楽しんでいます

f:id:suzumaro:20190117155840j:plain

私はスパイスは実店舗で購入していますが、ネットでも購入できます

*1:紅茶、日本茶中国茶は皆同じカメリアシネンシス(学名)というツバキ科の植物の葉が原料と言われている