鈴まろ日記

日々感じたことなどを綴るブログです

久しぶりに「かさぶた」を作ってしまいました、、、

æ¦ãå·ã®ã¤ã©ã¹ã

 

小学生以来の出来事でした

先日、ひざが擦り剝けるほど、豪快に転んでしまいました。

(しかも仕事中!)

 ほんの10センチほどの高さの段差が、3段くらいしかないところで、降りる時の足を置く場所が、段の角に降りてしまい、すべって、落ちました。

そして、誰にもみられていなかったのは、不幸中の幸いでした。

(ずっと言われてしまいますもん!)

とっさに、地面に手を付いたので、顔は何ともありませんでした。

 

 膝は、血だらけでしたが、周囲に気付かれないように、消毒しました。

翌日、気付けば、両膝が青アザだらけ、転んだ時に付いた手の平は、砂利の跡が消えませんでした。 全く笑えませんね。

 

ちょっとだけ楽しかったのは、「かさぶた」が出来た事でした。

懐かしいというか、なんともノスタルジックというか、ちょっとケガして良かったなんて思ってしまいました。

それにしても、、、

やはり、老化がじわじわと、忍び寄って来ているのでしょうか。 いささか不安です。

 

最近は、お年寄りに関するニュースが氾濫していますよね。

特に、車の運転は、見ていて危なっかしいと思います。

 私が、歩道を歩いていた時、私の姿の確認より、私を通り越して、ご自身の行く方向しか見ていませんでした。

私が透けて見えますか??

その前に、歩行者がいるかどうかの確認は??

と、突っ込みを入れたくなるくらい、全く見ていません。

 

 そして驚きなのは、皆さん揃って「運転には、自信があります(誇らしげ)」と、おっしゃることです。

先日、運転免許を返上した方のニュースを観ましたが、ご本人は、杖を持ち、隣の方に介添えしていただいているお姿を拝見しました。

恐ろしさを感じるのは、私だけでしょうか。。。

 私は、一度も運転に自信を持ったことはありませんが、かなりルールは守っています。

事故は、相手にも自分にも辛いので、極力、注意しています。

そして、車検が切れている車や、任意保険に加入していない車に遭遇しませんようにと、いつも願っています。

 

 

今日は、久しぶりに美容院に行って来たのですが、そこで読んだ「6月13日号の女性セブン」が、とっても良かったです。

 

意外にも、雑誌の後ろの方には、老化や老後の迎え方の記事などが掲載されているのですね、参考になりました。

 

豪快に転んだ私は、老化の情報に敏感です。

 

喉の老化防止法や、ボケちゃう前の心の準備などの記事が出ていて、ゆっくり読みたいと思い、帰りに書店に寄ってみたものの、次号が発売されていて、買えませんでした。

それでも気になってしまったので、ネット注文しました。

 

 

それから、ふらふらと新刊チェックをしていたら、私の好きな加藤さんの本が。

 

 

自分を躾ける為の参考になります。

私は、自分の気に入らない性格は、一部直しました。

本当に努力しないと変えられません。

 

だから今の自分は、昔の自分より好きです。

 

自分が、高齢者と呼ばれる時に、もう習慣づいていて、人様の迷惑にならない、迷惑をかけない、快適な自分の生き方を見つけたいと、いつも考えています。