鈴まろ日記

日々感じたことなどを綴るブログです

福を呼ぶ袋の中身は。

 福袋はネットで予約しますか? 私は、大型ショッピングモールに朝一に出掛けて並んだりします。私のお目当ては雑貨類ですので、洋服と違いあまり急がなくても買える感じなのですが、お気に入りの雑貨屋さんで「1万円の福袋 10個限定」というのがあるのでその為に並びます。他には5千円と3千円がありますが、1万円の福袋の中身が良いので頑張っています。最初の年は呑気に出掛けたら開店と同時に完売していました。翌年は頑張って早起きをして開店前に並んだ甲斐もあり、希望の数だけ購入出来ました。本当に素敵なものが入っているのです。日頃からそのお店の商品を見ていると何となく入っているものがわかります。お値段がする素敵な刺繍のテーブルクロスなども入っていることがあるのでここの雑貨屋さんは楽しみにしています。普段自分が使うことのない雑貨だとしても、そのお店のセレクトが好きなので使ってみます。自分に合わなくても体験できたことで、満足したりすることもあります。いつか雑貨のお店をしたいので、勉強がてら沢山見ておきたい気持ちもあります。

 毎年寒い中、若い人たちがお気に入りの洋服店のプラカードを持っているお兄さんたちの後ろをきちんと並んでいるのを見ると、日本人って礼儀正しいなぁと思います。お友達と並んでいるせいでしょうか、とても楽しそうで。そんな光景を眺めるのもお正月らしくて好きです。

 最近の福袋は中身が見えるものもあるので買いやすいですが、ほんの少しだけ楽しみが減ってしまう気がします。見えるのと見えないのと、どちらが良いのでしょうね。

 福袋選びは、どのようにしていますか?私は福袋を持ち上げてみたりします。例えば食器が欲しい時は重そうなものを、素敵なテーブルクロスや籠とかを期待しているときは軽さがあって大判な布が入っていそうなものを。そう、いつも期待しているのですよ。

 一度、食器セットだと思って購入したら、私には必要のない「鉄アレイ」が入っていたことがありました。鉄アレイは可愛らしいショッキングピンクで2個。ふたつで1キロ。それにバスタオル。スポーツ好きならいいかもしれません、運動したい方になら良かった。でも運動オンチな私には不要でした。とっても悲しくなった思い出です。その雑貨屋さんは、頻繁に出掛けていて色々購入していましたが、今まで一度も鉄アレイなんて見たことがありませんでした。ヒドイっ!それ以来その雑貨屋さんの福袋は「用心」しています。購入しない訳ではないのですが、トラウマです。こういう時は中身が見える方が良いのかもしれませんね。

 福袋はもう少し先ですが、何が入っているのか予想するのが楽しみだったりします。なんだか平和です。

寒くなるかもしれない3つの出来事

「ひとつめ。枕元にて。」

 これは私の体験ですが、夢かもしれませんが夢じゃないかもしれません。若かりし頃の、目の前にお寺が見える安い物件に住んでいた頃の話です。深夜、私は一度寝てしまうと朝まで起きない性質なのですが、その日は何となく目が覚めてしまい、ぼんやりと天井を眺めていました。 このまま目をつむっていたら眠れるかもしれないと体を動かさずに眠りに落ちるのを待っていました。寝室は、私が寝ている右側が北側で扉になっていて、扉の向こうが玄関でした。玄関から寝室までは板張りの廊下になっています。部屋も真っ暗にしていたし、目をつむっていたので真夜中の静けさを感じていました。 すると玄関の方から床が少しだけ、みしっ、みしっ、と音がする気がしたのです。気のせいだといいけれど、その音が人が歩く時の音に聞こえました。なんだろう。そう思っていたら、扉が開かないまま足音が入ってきました。寝室は畳だったので今度は布が擦れる音がしました。そして、私の枕元で音が止まり、怖くなった私は固く目を閉じていました。目を閉じているのに、軍服のおじいさんが枕元から私を上からじっと見つめているのがわかるのです。小学生の頃、変な体験をしたことのあった私はその時にやった「おまじない」を思い出し「私のところに来ても何もできませんよ」と強く念じました。そうしたら私はそのまま眠ってしまって、目が覚めた時は朝になっていたのでした。 夢だと思いますが、当時住んでいた住居は、悪い事が多いような気がしたので引越しました。

「ふたつめ。きつねさん。」

 母が、知人の小学生のお嬢さんが不慮の事故でなくなってしまいお線香を上げに行ったときの話です。お宅へお邪魔をして少しお話をし「原因はよくわからないんですよね」と聞いたあと、お線香を上げる時にお仏壇の写真を見たら、きつねさんがついていたそうです。怖かったと言っていました。

「みっつめ。カリーショップ。」

 私の友人でお母さんが「れいばいし」という変わった子がいました。その子は車の免許を持っていなかったので遊ぶ時はいつでも私が迎えに行くのですが、お母さんがいる時は何となく怖くて、長居もせずに友人を乗せてすぐに出掛けていました。 友人が「この間、家に帰ったら、“お前、肩に誰かついてるよ”って言われてさぁ~」と毎度の事のようで慣れているらしく、あっけらかんと私に話してきました。 聞いてみるとオリエンタル的雰囲気のあるカレー屋さんで、お店の入り口に置いてあった象と仏像的な何かの、仏像的な何かの方がついてきてしまったそうなのです。お母さんが言うには「位の高いお坊さんがついている」とのこと。偶然その週末にお母さんは、ある仏教の総本山に行く予定だったそうで、友人はお母さんに付いて行くことにしたそうです。 帰って来たらもういなくなっていたそうで、お母さん曰く「お坊さんだったから、総本山に行きたかったんだね」と。 そんな友人がいました。今は連絡はとっていません。やっぱり少し怖いので。 

夢のなかったクリスマスケーキ

 クリスマスケーキは食べますか? 私は以前、お菓子業界にいたことがありましたので、この時期に作るパティシエさんたちの「作品」に興味があり、いつも3個くらいは購入しています。 最近のケーキはサイズが小さいですね。材料は本当にこだわった良いものを使っていることが多いので、普通の大きさで販売したら値段が高くなり売れないかもしれません。 ケーキのサイズは、4号、5号なんて呼びますが、直径何センチか気になる方は、号数に3を掛けるとサイズがわかります(4号×3=約12センチといった感じです) ケーキを3個くらい買うと言っても小さくてあっという間に食べ終わってしまうので、コンビニまで追加を買いに行く事もあります。クリスマスも終わり半額セールになったイチゴの生ケーキも、時間の経過でスポンジにシロップと生クリームが染み込んでいて、それはそれで美味しいのです。

 洋菓子店に勤めていた頃は、クリスマスイヴの前日から少しずつ忙しくなります。スポンジはもっと早い時期から焼き始めていて、当日までに3,000個くらい焼きました。通常の仕事にクリスマス準備の作業が加わります。毎日帰宅が深夜になりました。勤めていた店舗は個人のお店でしたが、2店舗目をオープンしたばかりで本当に忙しかったです。 クリスマス当日は朝7時に出勤し翌朝8時まで生クリームを塗っていました。そのあと2時間くらい解放されたので帰宅し、速攻シャワーを浴び、再び作業に戻りました。パティシエになりたくて夢に向かっていたはずなのに、もう、夢なんてなくなりました。仕上げても仕上げてもあっという間に足りなくなり、クレームが来るのでもうヘトヘトでした。若い頃だったから出来たことです。菓子屋は体力勝負です。パティシエの青木定治さんがパティシエになるのなら土木作業を経験した方が良いとおっしゃっていましたが、私も同感です。体力に自信がないと続きません。クリスマスが終わったあと従業員全員にクリスマスケーキが2個ずつ配られましたが、もう見たくない状態になりました。でも今やってみないかと誘われたら、、、やります。不思議ですね。

  どんなクリームがお好きですか? やはり定番の生クリームでしょうか。もしチャンスがありましたら、バタークリームのケーキも食べていただきたいです。

 生クリームは、ご自宅で使う場合は45%前後のものが良いですね。PH調整剤など入っていないものが消費期限が短いですが本当に美味しいです。バタークリームはその名の通りバターを使用します。バターはホイップしてふわふわの状態にするので、ビックリするほど軽くて美味しくなります。珈琲シロップ(リキッドコーヒー)を加えて作る、コーヒーバタークリームも美味しいです。

 身近なお店ですと「ユーハイム」で「フランクフルタークランツ」という天使の輪のような見た目のケーキがありますので、それがおすすめです。

 もうパティシエは辞めてしまったので、今はクリスマスケーキのカタログでケーキを選ぶ時が楽しいです。もちろん時々は自分でも、とびきりおいしいケーキを作りますが。 

f:id:suzumaro:20181214163351j:plain 

つるつるタイヤと冬のレジャー

 先日、冬タイヤに換えました。 とりあえず突然の雪には対応出来るので、気分的にも安心します。金銭的にも余裕がなく冬タイヤが買えなかった頃は、雪の予報が出ると「どうしよう、どうしよう」とずっと気になっていましたが、思い切って購入してからは、余計な心配をしなくなりました。車を所有しているだけでも、経費が馬鹿にならないので購入をひかえていましたが、雪の心配をしなくて良いと思うだけで不思議と気分が違います。 私のタイヤは、走行距離もあまりないので大丈夫だとは思いますが、経年劣化で少しヒビが出てきました。次回は購入かなぁ。予定しておこう。

 赤信号で止まっている時になんとなく隣の車を見ますが、時々お子さんも乗せているのに、浮き輪のようなうるつるしたままの状態のタイヤで走行している車を見かけます。 自動車はとても便利ですが、鉄の塊が走っている様なものです。事故を起こせば人の命も奪いかねません。本当に他人事ですが、心配してしまいます。 それから自動車の任意保険も意外と加入していない方がいるようなので驚きです。自動車の任意保険も年末調整の保険控除の対象になったら加入者が増えるのではないかといつも思います。

 先日、国土交通省のホームページ上に「チェーン規制の検討状況」というのが掲載されていました。 ニュース番組の見出しで「チェーン装着義務化」とあったので、「義務化なの?」と思い込んでしまい、情報が拡散してしまっていたようですね。結局、「大雪特別警報など異例の降雪時」などと表記されているだけで「義務化」というコトバの記載はありませんでした。実施する場所も限られているので、通常は大丈夫ということです。 

 クリスマスが始まると、年越し蕎麦や初詣、おせち料理と日本人のイベントが目白押しですね。冬のレジャーも事故の無いように楽しみたいので、冬タイヤもそうですが、色々準備をして万全の体制で遊びたいです。 まぁ、仕事も決まっていないので、節約モードは変わらないですし、少し憂鬱にもなりますが、前向きに過ごしたいと思っています。お年玉をあげることが本当の憂鬱ですが。

 

げぇむの初心者(2)

 数日前からスプラトゥーン2を始めました(遅いですよね) スプラ2のゲーム自体はしていなかったのですが、カプセルトイやコラボグッズは発売すると購入していました。サンリオとのコラボグッズなんてかわいくてかわいくて、ついつい買ってしまいます。ちなみに任天堂Switchはスプラ仕様を購入しました(好きなものは形から入るタイプ)

 私自身、ゲームには無関心だったので驚きの連続です。「なんなんですかー!!!」今、画面がすごいことになっているんですね!! 私は、かなり時代から置いて行かれていたのを実感しました。そしてずっとゲームに関心がなかった自分に後悔しました。もったいなかった! まぁ、今、好きになったことに意味があるのでしょう。たぶん。
 私はゲームをするならスプラ2と決めていました。理由は、色です。配色が本当に自分の好みの色で溢れていて大、大、大好きなのです。あとは世界観でしょうか。 それに大好きなイカ(食べ物)が中心なところが良いですね! それからもうひとつの理由を思い出しました。女性の将棋の棋士さんだったでしょうか、一日のタイムケジュールを聞かれて円グラフを書いていたのですが、その中に「練習」「就寝」「サーモンラン」とあって、当時何もわからなかった私はネットで調べて面白そうだと関心を寄せたのです。
 やっと夏から出来なかったゲームが始められる事に幸せを感じます。 わーい!(働けよ)
 ブキは、「わかばシューター」を使っています。 時間はかかりますが、なんとか最初のところはクリアー出来るようになってきました。
  イカの珍味を食べ、ジンライムソーダを飲みながらゲームしている時が、本当に至福の時です。飲んべえさんの独り言みたいですね

おフランスあまぞん

 10年以上前でしょうか、お菓子の勉強をしていた時に「本場のお菓子といえばフランスのお菓子だ!」と思っていた私は、フランスの製菓関係の本を手に入れたくなり、フランスのアマゾンに登録しました。 日本のアマゾンでは、フランスの洋書は限られていて自分の欲しい本にはなかなか巡り会えませんでしたので、当時パティシエのフランス用語を教えて下さっていた先生に相談したら「頑張れば登録できるよ」と教えていただき、まだインターネット用語の載っていなかった辞書を片手に、登録の手続きをしました。 英語の辞書は価格が安くて内容も比較的新しい事が載っていますが、フランス語の辞書は価格も高めで、尚かつ頻繁に内容が新しくならないので、色々な部分で知識が乏しい私は苦労しました。 当時は、、例えば「マウス=ねずみ」という意味だけが載っていたくらいで「=パソコン用語のこと」という記載もなく、調べた単語は雰囲気で理解しました。 登録した当初は「ワンクリックで決済する」を選んでいたらしく、選ぶとすぐに決済されたメールが届き、焦りました。毎回こんな状態では困りますので、何とか日本のアマゾンの画面を照らし合わせながら変更しました。当時はよくこんな情熱があったものだなぁと、いつ思い出しても自分の事ながら感心してしまいます。情熱がありました、確かに私にも。

  最近は、特に注文する機会もなかったのでそのままにしておきましたが、久しぶりに行ってみると、ホームページに入る前に認証画面になり「Touch ID」を求められました。いつも使っているスマホでは通常、そのあとにホームページが見られるようになるのですが、ここでは更に管理されていて、同時にワンタイムパスワードが発行されるしくみになっていました。これがなかなか上手く入れなかったのです。 「Touch ID」を選択したあとに、メールアドレス宛に10分間有効なパスワードが届くので、パスワードを確認する為にメルアドのあるホームページに飛ぶと少しの間、アマゾンの画面が隠れます。そしてパスワードを確認してアマゾンのさっきの画面にしようとするとまた「Touch ID」を要求され新しいワンタイムパスワードが発行されるという、繰り返しに気付きました。スマホ1台ですると、追いかけっこになってしまって画面が進みません。仕方なくひとつ前の使ってないスマホでパスワードを確認して、入力したら画面が進みました。

 スマホのアップデートが終った後、どこが変更になっているかわからないまま利用していますので、苦手な部分で困ったことがあると本当に焦ります。「Touch ID」は最近表示されるようになった気がします。

 まぁ、色々ありますが、フランスアマゾンは良いです。 写真がとてもきれいな本も沢山ありますし、イギリスあたりの本も手に入ります。 注文での注意点があるとしたら、本以外は頼めないのとクリスマスの時期や夏のバカンスの時期は若干遅れる事があるような気がします。。あっ、あともうひとつ。送料は、購入する本と同じくらいになる事もあるかもしれません。

amazon.fr

コンビニの店員さん

 コンビニの店員さんに、外国人の方が多くなってきた気がします。最近は、日本人の方がいらっしゃるなぁと思ったら、オーナーさんだったりします。深夜などは特に感じることが多く、ちょっとコワイ時もありますが、おつりを渡す時の言い方もきちんと言えているし、本当に勉強していらっしゃるんだなと思います。そんな様子を見ていると、「ワタシ、日本語だってままならないヨ・・・」と反省しきり。だからといって何かを始めることもなく、毎日変わらない生活をしております。スミマセン。 私がずいぶん昔に勤めていた会社の客先に、車の輸出入をしながら通訳をしていた外国人の方がいらっしゃいました。その方はラマダンに入るとお茶を出しても決して飲みません。本当に断食をしています。日本にいるからといって習慣を忘れたりはしていませんでした。 そして日本人がするように、封筒には「御中」と書き、封筒の裏の糊付けするところには締めのバッテン〆が記されていて(ご年配の方も最近出来ていない方の多いこと!)本当に勉強していらっしゃるんだと思ったら、日本人として感激してしまいます。会社に書類を届けに行った時などには、全員の方が立ち上がって、日本語で挨拶をしてくださいました。そういう場所に行くと自分自身も日本語に気を使います。 でも、縫製業を営んでいた日本人の社長さんは、時給を決める際は法律で決まっている最低金額、でも日本人には待遇が良いのです。「外国人はよくやってくれるんだよ」と言いながらも、給料が少なかったようでした(よくやってくれる=低賃金でやってるから俺が儲かる!という意味でしたね) 昨日のニュースで、介護の試験も日本語で日本人と同じように受験している事や時給300円で働かされていた事など改めて聞いて驚きました。制度の今後を見守っていきたいです。 日本人も色々な外国語が、少しの会話くらい話せるようになっていたら、外国人の方も働き先に選んでくれるのかなと思います。いつか自分が介護でお世話になった時には、そのしていただいた方の国の言葉で「ありがとう」は言えるようになっていたいと思います。

f:id:suzumaro:20181206144459j:plain