鈴まろ日記

日々感じたことなどを綴るブログです

面接に行って来ました(2)

鈴まろ、です。 就職活動(のような事)をしていて、ブログが滞りがちです。

 先日、ようやく1社、二次面接に辿り着くことが出来ました。 年齢が高くなってくると、ハードルも高くなっていきますね、特技もありませんし。まぁ、しんどいです。

でも、新しい事にチャレンジすることが好きなので、きっと理解して下さる社長さんがいると信じて頑張ります。

先方に「平服でお越しください」と言われました

今回は「平服でお越しください」との連絡がありました。

平服??

異性とのデートで服装を考える方が、まだマシなくらい、本当に何を着て行ったらいいのかわからず、悩みに悩みました。 人生、左右されそうですし、、、。

平服の意味を、調べてみました。

平服とは、ふだん着ている服装のこと、、、

なんだか、ぼんやりしていて解決しません。 何がベストなのか、検索をしてみると、悩んでいらっしゃる方が多いのですね、ちょっと安心しました。

業種で、面接での常識が変わるのでしょうか

 昔、花屋の社員募集があり、スーツで行ったのですが、社長さんに開口一番「普段着で、来て欲しかったなー」と言われました。 アルバイトなら普段着で良いと思いますが、社員募集だったので、スーツで行ってしまいました。 ハーローワークの紹介で行きましたが、求人情報の明細にも記載がないし、もちろん、ハローワークの方にも言われなかったので、失礼のないようにスーツで行ってみたのですが、常識外れだったのでしょうか。

ですから「平服で。」と言われると、不安になります。

 

f:id:suzumaro:20190314160633j:plain

 

平服のコトバの意味で考えるというより、会社が何を意図としているのか考えることにしました

今回の面接は、どうして平服なんだろうと考えました。

 平日なので、従業員さんがいらっしゃるし、雰囲気に馴染むかどうかなのかな、それに、二次面接は、採用したいと考えている候補者を呼んでいるらしいので(ネット情報を鵜呑みにしています)、会社で働く時の服装を見たいのかな、と思いました。

 今回の平服は、『会社で働く時の服装が見たいんだな、きっと。』と判断し、そういう格好で面接に臨みました。

不採用でもいいや。やれることはやったし。

 面接は、社長さんだけではなく、お局様とお見受けする方が、お出ましになりました。

お局様のお眼鏡に叶ったかしら。

もうやれることはやったし、不採用でも仕方がありません。

採用も縁だし、不採用も縁です。

 ちなみに、不採用だった花屋さんは、私がその時に就職した先での、先輩の友人の旦那さんのお店でした。

世の中、本当に狭いです。